2019年 5月 の投稿一覧

全館空調 メーカー 比較

話題の全館空調には、魅力的な特徴を持った製品を提供するメーカーが複数存在します。
全館空調のメーカー 比較を行うと、三菱が提供するエアロテックは、各部屋ごとの温度設定ができる柔軟性が特徴に挙げられます。室温は体感温度を左右しますし、人によって感じ方が異なるので、このように柔軟な設定が行える機能があると便利です。また、外気を採り入れる際に花粉やカビの9割をカットしますから、より快適な室内空間が実現します。アズビルのきくばりは、この全館空調システム1つに、冷暖房と換気や空気清浄に除湿の機能まで含まれます。加湿機能は含まれないものの、商業施設でも使われている電子式エアクリーナの搭載によって、優れた空気のクリーニング力を発揮します。デンソーのPARADIAは、全館空調を提供する代表的なメーカーの製品で、冷暖房を組み合わせられる24時間換気は勿論、除湿に加湿機能まで含むのが特徴です。部屋ごとの温度設定がないのは欠点ですが、それ以外はほぼカバーしていますし、加湿機能が使えるので乾燥が気になる人に向いています。

新築一戸建てはまず土地探しから!

三重県内で新築で一戸建て住宅を建てた際には、まず「土地探し」で苦労しました。とにかくもう、家を建てるのに良い土地がなかったんです。 いや、選ばなければどのような土地だってあるのでしょう。けれど、こちらは子供のために建てるマイホームなわけですから、立地条件にはこだわりたかったのです。 そしてもっと言えば、家がついている土地だったらいくつかあったのです。
つまり、「中古住宅付きの土地」です。中古住宅付きの土地でしたら、いくつか出ていたのですが、しかし解体費用もバカにはできない金額です。
かといって、直して住めるほどの中古住宅ではなかったりしますからね。中古住宅のリフォーム金額を考えたら、新築で建てた方が良いと思えるレベルのものでしたから。

そしてもっと言えば、家がついている土地だったらいくつかあったのです。つまり、「中古住宅付きの土地」です。中古住宅付きの土地でしたら、いくつか出ていたのですが、しかし解体費用もバカにはできない金額です。 かといって、直して住めるほどの中古住宅ではなかったりしますからね。中古住宅のリフォーム金額を考えたら、新築で建てた方が良いと思えるレベルのものでしたから。 とにかくもう、家を建てるのに適した更地がなかったのです。希望する学区内に。不動産屋さんから知り合いから土地の件は話はもっていきましたけれど、しかし結局土地探しで2年以上かかりましたね…。 頑なに立地条件にこだわったわけではなく、どんどん妥協していきましたけれど、しかしそれでも時間はかかりました。とにかく土地がないものですから。