設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を設計事務所に発注するメリットで大きいものの一つが、施行管理を第三者が行うことで、手抜き工事などを防ぐことができると言う点です。施工主は素人ですので、建築中に見学しても、図面どおりにきちんと施行されているか確認することは困難です。しかし、設計事務所の担当者が現場との間に入り、設計どおりの施行がされているか専門的知識を持った第三者として指導、助言してくれますので、施工主にとって大きな安心につながると言えます。
デメリットとしては、メーカーなどでは設計料金がパック料金となっている場合もありますが、設計事務所に依頼する場合は、設計料金をきちんとお支払しなければならない場合がほとんどです。しかし、現場の管理なども一括して行ってくれることも考えれば、設計料と安心を得るためのお金と納得できるのではないでしょうか。注文住宅は、決して安い買い物ではありませんので、引渡し後に後悔しないためにも、設計事務所に依頼することはひとつの選択肢といえそうです。

SNSでもご購読できます。